Letters #6

第29期(2016年10月-11月)

ロゴ

cover

//////////////////////////////////////////////

2010年1月10日からの手紙

//////////////////////////////////////////////

深夜に非通知の着信。

普段ならそういう電話には出ないのに
なんだか好奇心にかられて電話をとった。

もしもし、と言うと、
受話器からかすかに歌声が聞こえてきた。
もしもし、とわたしはもう一度言ってみたけれど、
あちらからは歌が聞こえてくるばかり。
なんだか変な電話だな、と思った。

電話を切ると、またすぐに電話が鳴った。
同じく非通知の相手から。
しばらく着信音が鳴ったあと、留守電に切り替わると電話は切れた。

それからまた電話が2度鳴った。
今度は留守電に切り替わっても電話は切れない。
何かを吹き込んでいるのか、
しばらくの間、録音中の表示が出ていた。

なんだかこわいから消そうかな、と思ったのに、
またしても好奇心に負けたわたしは
おそるおそる再生ボタンを押して、電話に耳を当てた。

さきほどの、歌が入っていた。
わたしの知らない歌。
女性の、恋の歌。

そのとき、わたしの番号を知っているのは1人しかおらず、
そしてかけてきたのはその人ではなかった。

しばらくあれこれ想像をめぐらせて、なかなか眠りにつけなかった。

Letter from 10 Jan.2010 to 9 Nov.2016