Letters #9

第29期(2016年10月-11月)

ロゴ

cover

/////////////////////////////////////////////////

2010年12月30日からの手紙

/////////////////////////////////////////////////

新しく仕入れたレシピで、チーズケーキを作っている。

1人でお菓子を作る時間が好きだ。
きちんと積み重ねていけばおいしいものができあがることが、好もしい。
安心して作業に没頭できる。

パンを作るのが好きだという友達がいる。
「パン作りって、ケーキと違って生地を長い時間こねるから
時間も体力も必要だけど、すごく気持ちいいんだよね」
と教えてもらった。

パン作りは、ひたすらに収穫の日のために作物を育て待つ行為と似ている。
労力や時間や心を割いて淡々と育てるように生地をこねる。
汗が流れるし、腕は痛いし疲れる。
だけどその先に待つおいしいパンのためにひたすらにこねる。

そんな営みに感じ入る。

ある時別の友人に、賛美歌503番の歌詞について教えてもらった。

春の朝、夏の真昼、秋の夕べ、冬の夜も、
勤しみ蒔く道の種の垂穂となる時来たらん。
刈り入るる日は近し、喜び待てその垂穂

わたしは、信じて積み重ねていくことを思う。

Letter from 30 Dec.2010 to 30 Nov.2016

今回でアパートメントでの連載が終わりです。

Lettersでは、読んでくださる方に向けて、
毎週手紙を送るような気持ちで絵を描いていました。
今回の文章自体、みなさんに送る最後のごあいさつのようなので
もうこれ以上、言葉を重ねる必要はなさそうです。

アパートメント、見てるよ!と声をかけてくれた友達、
SNSなどでリアクションをしてくださった方々、
本当にありがとうございました。
またどこかでお会いできたらうれしいです。

どうぞお元気で。

柊 有花