丸腰の日

長期滞在者

珍しく丸腰だった日。
意図してのことではなく、EOSとベッサ、どっちにしようか朝ずいぶん悩んで、よし、今日はEOS、とベッサを机に置き、そのまま馬鹿なことにEOSも玄関に置いてきてしまったという(嗚呼)。

カメラを忘れて家を出たら、その日は一日パンツを履き忘れているような嫌な感じがする、と誰かが言ってた。
そのとおりである。落ち着かないことこの上ない。

しかもこの、丸腰の時に限って、目につくもの目につくもの魅力的に見えるの法則、なんとかならないものか。

暗がりで自販機の灯りが照らす地面の真ん中にじっと端座している憎々しい顔した猫だとか。
あの猫、絶対に写真の神様が僕に「あほ」と言うために派遣されたんだと思う。写真の神様は時に過剰に意地悪である。
外壁工事中でシートに覆われたマンションに、絶妙に街灯が射して不気味にのっぺらぼうの表面を輝かしているところとか。明日同じ時刻にそこに行ったとしても、きっと神様が意地悪をして外壁工事が終わってたりするんだきっとそうだ絶対そうだそうに決まってるわかってるぜこん畜生めのこんべらばーの長久命の長介。

とそれらしく書いてみたものの、この「丸腰の時に限って、目につくもの目につくもの魅力的に見えるの法則」の理由は、実際のところすぐに説明できる。

普段はカメラを持っているから、そういう場面に出くわしたらシャッターボタンを押す。写真として捕獲してしまったら、次の作業(セレクトやプリント等)をするまで「それ」に対する思考は中断する。
意味はさておきとりあえず捕まえておく、というのが路上の写真というものである。自販機の灯りに照らされる憎々しい顔の猫、について延々と考えていたら次に行けない。撮ったらあとはいったん記憶を捨てる。

ところがカメラを持っていないと、ずっと「さっき見た憎々しい猫」のことを忘れられないのである。いったん忘れる、という処置が出来ない。忘れたら消えてしまうし。さりとて脳内を瞬時にスキャンしてRAWデータに落とす技術はまだ開発の端緒にもついていない(はずだ)。

なので、カメラを持たないで歩いた日に見た風景というのは後を引くのである。そしてそれはとってもとっても、精神衛生上よろしくないのである。

写真を撮らない人というのは、こうしたこまごました出来事との遭遇の記憶を、どうやって処理してるのだろうか。
最近、携帯電話が進化してほぼカメラ化して誰も彼もピロリリン♪ と写真を撮るようになった。気になればとりあえず撮る、という習慣も以前よりは世の中に根付いてきたかもしれない(道の傍にかがみ込んでカマキリの轢死体を接写していても、昔ほど変人扱いされない気がするのはありがたい)。
しかしスマートフォンが普及する前、世の中には写真を撮る人と写真を撮らない人にわかれていた。撮る人としての生活が長くなると、撮らない人だった時代の出来事の処理の仕方を思い出せない。
別に写真を撮らなくても普通に生きてこれた二十数年間というのがあったんだけどな、僕にも。

・・・・・・

ということで、スマートフォンである。
とうとう、意地で持ち続けていたガラケーが経年劣化の度が過ぎて、次々とボタンが剥落、何のキーかよくわからなくなった。そんなわけで泣く泣くスマートフォンを導入したのである。
目つきの悪い猫が宣伝している、あの格安スマホ会社のものだ。
これで丸腰を家を出てしまっても、脇差くらいの役目を果たせるかもしれない。小刀くらいか。

まぁ爪切りくらいですかね(竹光とは言うまい)。
隔靴掻痒。恐竜の痛覚。シャッターのタイムラグ遅すぎて、記録する前に何撮ってたか忘れてしまうわ(嘘)。
奮発してiPhoneにすればましなのか? 奮発しないけど。

パンツ履き忘れてもカメラ忘れてはいけない。自戒。

5wn