(浮かぶことができないはてなについて)

はてなを浮かべる

はてなが浮かばないことが最近のはてなである。

29日
   
   
今日は、このはてながはてなでないことをまずはお詫びさせてください。
ここ数ヶ月、実際にはうっすらと一年かけて、私ははてなの消化不良を起こしているようなのです。
   
   
   
   
一年間で何があったと言えば、単純に、大きく環境が変化しました。
社会に出たのです。
そこは大人のみなさんが言うように、甘くないと言えば甘くないし、でも緊張感がないとも感じたのでした。
私がまだ学生だった頃には、責任感とも自立とも違う、形容しがたい緊張感がありました。
   
   
その頃私に与えられていたのは、たっぷりと自分に没入できる時間。
自分を取りまく周辺のものたちと存分にやりとりし、味わい、
はたまた敵とみなした相手を自信満々に非難することができてしまう、底知れぬ自信でした。
それがきっと、今の私にはないのです。
   
その、「今の私にないもの」がイコール、はてなの消化不良を起こしている原因、と考えるのが自然ですが、
果たして「それがない限りはてなは生まれないのか」とも考えていたりします。
   
きっと過去の自分に与えられていたものは、皆平等に奪われさる時が来るんだと思います。
それがいつのタイミングなのかは人によって違い、もしかしたら大人になってからでも、その時間を奪われない生き方をしている人たちがいるかもしれません。
でもそれは本当に奇跡的なことなんだと思います。
彼らはそれが当然の生き方のように笑いかけてくれるのですが、今、この地で、あなたが享受している幸せを、
当然のように私も受け取れるだろうか?いや、そんな自信がない。と、とても不安に思うのです。
のびやかに生きている人は、のびやかに生きられるだけの加護を得ていると、すこしひがむような気持ちで私は思い浮かべます。
   
   
   
あの頃与えられていた時間のことを思うと、戻りたいと願う気持ちもあるし、
戻ったところで同じような被害者面はもうしたくないとも感じます。
   
当時私が非難し、害を受けていると声高に叫んでいられたのは、私が社会から外れた場所で生活できているからでした。
社会は、あまりにもけったいで、自分にひどい仕打ちをし、つまらないものを強要する。
そんなものは敵、と区別することができました。
   
でも今は、その区別したはずの線の上に、自分が立っているのです。
仕事をして、知らない人と話して、自分以外の世界のためにたくさんたくさん時間を使うんです。
それが今の私の生活です。

自分が何者なのか幾度も追い詰め、悩み、大げさに傷ついて見せられたあの頃の緊張感は、
今の自分は、正直思い出すことができません。
思い出さなくていいよ、と、きっと今の身近な人々は言うでしょう。
それが邪魔で、ある人々にとってむしろそれが敵なのであることも、なんとなく分かってきてはいます。
でも、
あの緊張感を浴び続けながら生きていくことのほうが、どうしてもこの人生の幸福に感じてしまう。
それがない人生は、きっと寂しい。
   
   
だから今、私は、この境界線の上で、はてなが浮かばなくたって、踏ん張って、とりあえず立っています。
浮かばないならやめたほうがいいのか、とも考えました。
やめてしまったらいよいよ本当に?とも恐怖しました。
   
でもしばらく、もう少しやめずに、この胃の不快さを触診するようなかたちで、
ここでお話しさせてもらえればと思いました。
   
   
   
   
はてなを見にきてくださっていた皆様、申し訳ありません。
もう少し経った頃に、緊張感を持つことができた自分か、もしくはそうでない別の自分が、またはてなを浮かべることと思います。
そのときは、よろしくお願いします。