自分の好みを伝えられたら••••

いとでんわ 第1期(2011年10月-2011年11月)


東京は荻窪で
「利き茶・利き酒カフェ&ミニギャラリー 
 vindens cafe(ヴィンデンスカフェ)」
を細々と営んでおります風と申します。

毎回、都度思いついた事を
つらつらと書かせて頂きます。
乱長文になるかと思いますのが、
お付き合いいただければ幸いです。

今回は2年前程に脱サラしてはじめた
カフェの基本スタイルにも繋がる
当たり前の、でも当たり前でないお話をば。
当店は現在日本で手に入る中でも、
最高品質と言えるレベルの紅茶/珈琲/日本酒を
取り揃えご提供させて頂いております。
現在紅茶は30種類以上
コーヒーは毎月銘柄を変えて常時6種程
とにかく色々と試して頂きたいと思っております

ただそのベースは色々あって楽しいから毎日来て欲しい
ではなくて(いえ、来て頂けたら嬉しいですが)
全てのお茶/珈琲は薫りも味わいも違う事を知って頂いた上で
ご自身の好みの薫りや味わいを見つけて欲しいと思ってのことです。

そもそもお茶や珈琲は嗜好品ですので
変な話無くなっても生きてはいけるもの
でもあると気持ちを、生活を豊かにしてくれるもの
であるなら自分好みの一杯を飲みたいじゃないですか。

自分の好みをご自身が認識して
それを表現できれば、どの店にいこうと
全く同じ物がなくても、店員さんにお伝えすれば
自分の好みに近い物を提供してもらえる可能性は
グッと増えるはずです

10回外食をして、そのうち5回満足するのと
10回全部満足できるの
10回満足できた方が幸せじゃないですか
「自分の好みを知り、それを伝えることができる」
それだけの事で、今より幸せな時間が少し増えるかもしれません
細かく表現できれば、できる程その可能性は高まるかと。

私は味音痴だからという方が結構いらっしゃいます
でも本当に味の差が解らない方はそう多くはないと思います
意識をしていないだけの方が多いだけかと
だってレモンとオレンジと梅干しと苺の「すっぱい」
全く同じですか?
レモンとグレープフルーツとオレンジの「薫り」
全部同じですか?
同じようでも違うものと区別が出来る方がほとんどではないでしょうか?

たった「苺の様な酸が好き、でもレモンの様なのは嫌」
これを伝えるだけで、
大好きな苺の様な優しい酸味の物を出してもらえる可能性は高まり
苦手なレモンのすっきりとまっすぐな酸味の物にあたる可能性は激減します。

当店で色々なお茶や珈琲を御体験頂き
ご自身の好みと出会い、それを覚えて頂けたら幸いです。
勿論当店だけでなく、またお茶や珈琲だけの事でもなく
ご自身が意識するだけで、その体験はできるかと。

美味しい・美味しくない
好き・嫌い
その中に「何が?」を少し意識してみて頂けたらと思います
ちょっと意識をする、たったそれだけの事で
今まで運まかせと思っていた事を、
自分の判断に変える事ができるかもしれません。
食事やお茶の世界だけではなくて全ての事柄において・・・・。

vindens cafe  風