おやつだより*ふたくちめ

第21期(2015年6月-7月)

ちりん、ちりん

あー、急に暑くなりましたねえ・・・
こんな日は冷たいもので身体に涼しみを取り入れましょうよ

あなたはアイスクリーム?それともかき氷?シャーベットにゼリー、プリン・・・水羊羹も捨て難い!
・・・ん?全部食べたらどうなるか・・・自分の身体と相談してくださいね!うふふ

本日のお夜菓子 ★ 氷のお菓子

たくさーんある冷たいお菓子の中にどどんと構える冷たくて優しい王様。
夏には欠かせないおやつの一つではないでしょうか。
私は小さい頃この王様を食べすぎてお腹を壊してました、今現在もなのですが。

ひとくちに「アイス」といっても種類は様々。法律で種類が定められてるくらいデリケートなもので、
乳脂肪が何%からラクトアイス・・・アイスミルク・・・
ううん細かくて良く分からないのですがたしかに種類によって同じアイスでも全く異なった表情を見せてくれます。

高校時代、夏が大の苦手な私の唯一の楽しみが、学校帰りに買うアイスでした。
冷たい食べ物の中でも特に好きだったのが、アイスクリームのご兄妹、氷菓。
かき氷やシャーベットなどのザクザクガリガリした冷たいもの。

私はいつもレモン味の氷の上に輪切りのレモンを乗せた氷菓がとても好きで
学校帰り、いつものコンビニエンスストアで同じ氷菓を買っては公園のブランコで友人と他愛無い話をしながら
木製のスプーンでザリザリザリザリ穴を掘り、蝉の鳴く声をBGMに笑いながら食べていました。
少しピリリと電気が走るような舌触りで、甘酸っぱくてレモン独特の苦みが後に残って、
後からキン、と頭に電撃が走る、ひと夏の恋の様な食べ物でした。
なんだか、これを食べたら今年こそはとっても素敵な恋ができる!ような気がしてやまなかったです。
レモンの美味しい味とその気だけで終わりました。

氷菓といえばかき氷、かき氷といえばシロップ。
氷蜜といわれるそれらの種類の幅広いこと幅広いこと・・・
イチゴにメロン、ブルーハワイ、マンゴーにオレンジ・・・
とってもぜいたくなのは、かき氷のトッピングがアイスクリームだったり!
魅惑のひんやりおやつは、人々をどこまで誘惑するのか・・・

P1010582

京都の下賀茂神社に、氷室の氷と呼ばれるかき氷が売られております。
無病息災を願いながら食べるこの氷のなんとも表現できない柔らかさよ!
シロップも自家製なのかな、イチゴの果肉がごろっと入っていて柔らかくひんやりした氷にとても合うのです。
どれだけ口にかき込んでも頭が痛くならないこの優しい氷は、
昔からの歴史を感じられる食べ物のひとつなのではないかなと思います。

今と形は違えど、ずうっとずうっとそのまたずうっと昔から同じ人が工夫を凝らして作りだしたとっても美味しい氷。
歴史に想いを馳せながら、一口味わってなにかを感じてみるのも、また新しい味に出逢えるかもしれません。

・・・あっ!そんなにシロップをかけては!氷の食感が楽しめませんよ!
さて、また削りなおしましょうか、練乳を持ってきてください。

さあ、あなたはなんの氷蜜を?その味でどんな歴史が目に浮かぶのでしょう。
おかわりですか?あまり欲張らずに、ね?