春はすこし怖い

第26期(2016年4月-5月)

指先から光がはいってきて もう冷たくなかったとき
手のひらで背中をあたためるような太陽だったとき
冬が終わり春が近づくのを感じた

予感や期待を孕んで膨らむ 木の芽や花のつぼみたち
まだ開かないでもう少し と思う間に 一斉にはじける

おはようたくさんの歌 おはようたくさんの色 
おはようたくさんの光 おはようたくさんの香り

さわがしくあふれ出す 美しく柔らかで愛おしい 尊いもの

私はかがやきの前で立ち眩み
逃げたくなって そっと隠れて遠くから眺めている