入居者名・記事名・タグで
検索できます。

2F/当番ノート

おばけになりたい

第26期(2016年4月-5月)

IMG_9009b
IMG_9167
 
体と心を持って 自分が 生きている ということに
違和感を持つようになったのは いつからだろう
自分が存在していることが こんなにも 心許ない

私は私のことが うまくわからなくて
自分が誰なのか 説明ができなくて 伝えられない
だから 訊かれることがなんだか 苦しくなって 逃げ出したくなる

健やかな正しさというものが 怖い

年齢 性別 容姿 国籍 家族 社会 
そういうものから 切り離して 私は私でいなくなりたい

誰にも見つからないように 景色に溶けるように 透明になってしまいたい

誰の目にも写らず そっと遠くで ぼんやり 見守っているだけの

IMG_4146

mito

mito

写真を撮るおばけ
from France

Reviewed by
ふき

mitoさんは、おばけになりたいの?私が小さい人に読んでいる本に登場するおばけは、ちょっと不器用で、どこかやさしい。ドアをぎいぎい鳴らして人をちょっと驚かせるのが仕事なのはジョージ―。念願の昼間の世界を楽しもうと思ったら、日の光をあびたら真っ黒になってしまった小さいおばけ。mitoさんがおばけになったら、どんなことをするだろう。普段はそばでそっと見守っているのだけど、うれしいことがあったら、木の枝をゆすって葉っぱを踊らせ、悲しいことがあったら読んでいる本の間にそっと野の花を1つはさんでくれる。まさかおばけは写真は撮らないだろうけど、何かの拍子にいろいろな出来事を思い出させてくれる、そんな特技も持ってそう。

人の「健やかな正しさが怖く」ても、消えてしまうのではなく、「透明なおばけとしてそこにいる」と言うmitoさんは、この世界の愛おしい部分もたくさん知っているんだろうな。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る