ことばの距離

第26期(2016年4月-5月)

IMG_5238b

ときどき ことばの贈り物をいただくことがある

素朴なやさしいことばの花束にうれしくなって
私も同じように花束を拵えようとするけれど
数本の萎れかけた花のようなものになってしまってり
くしゃくしゃのティッシュのようなものになってしまったりする

状況や関係性や性格などによって 意味が変わってしまうことが怖くて
適切な言葉というものに自信がなくて どう伝えればいいかと考えてるうちに
自分の言葉からどんどん変化してしまい なんだかくしゃくしゃになってしまう

とても立派な美しい花束をいただいても 
不相応な気がして うまく受け取れないこともあるし
何気ない言葉を トゲのように受取ってしまったり
綺麗な花束だと思ったら 造花だったり
投げられた小さな石ころが 刃物になってしまうこともある

自分が受取ることにも臆病なので 伝えることにも臆病になってしまう
誰へ向けたものでもない言葉をインターネットに放つと
好意的に受取る人もいれば 私が放ったままの形を変えずに受取る人もいるし
全く違う形に変化したり 誰かの言葉にすり替わってしまうこともある

私の言葉は放たれた時に もう私のものではなくなって
そのときの相手の中に入り込んだり 仕舞われたり
あるいは受取られずになくなったり 誰かを傷つけたり 貫いたりする

同じ言葉を並べても それが花束になることもあれば刃物になることもある
意識的にそうすることもあれば 無意識のうちにそうなることもある

ことばと心にはすこし距離があって 不確かで
私はときどき ことばを信じない
そういうときに写真は もう少し私の心に近いように思う

IMG_5763