お一人様。

第28期(2016年8月-9月)

一人でご飯を食べたり、カラオケに行ったり、旅行をする。

という話を韓国の人に言うと、すごく心配される。寂しい目で見られがちだ。

DSC_0315

「お一人様」

という概念が、韓国にはまだ根付いていない。

 

韓国はご飯もみんなで食べるし、何かする時もみんなでしようとする。

外食しようとしても、一人では入れてくれないお店ばかりで大変である。

 

昔、吉野家の牛丼が進出してきたが、一人で食べるスタイルに対して、

文化的な抵抗があったようで、うまく馴染まず撤退していったと聞いた。

市場調査とタイミングは大事だな、と、ここから学べる。

 

固有の文化からか、「みんなと一緒」ということに安心感を持ち、外れることを嫌う。

そのせいで個性が見えにくい。ファッションについて言えば、みんな同じような格好だ。

美容師的にも同じヘアースタイルのオーダーばっかで、少々ガックリするときもある。

 

だが最近になってやっと、

一人でも食べれるようなスタイルのご飯屋さんが出てきたり

コンビニにもお弁当がやっと登場している。

 

お一人様ニーズが高まり、供給されている様子が街中に見える。

今なら吉野家はぜったいに流行る、と思う。来てくれないかな?笑

 

韓国のカロスキルにある美容室で働きはじめ、この近辺に住みはじめ、

年々、いろんな部分でちょっとずつ変わってきているのがわかる。

特に若い世代たちがどんどん変わってきている。

 

韓国が嫌いで海外に出て行き、いろいろと吸収して帰ってきてる若者だったり

自分の国に疑問を持つ若者たちが増えてきてるからかもしれない。

みんな同じではなくて、個人の意思も大切だと気づいてきている。

 

彼らのような考え方が増えていること、「お一人様」が増えていることはリンクしていると思う。

どんどん個性を出してくれる子が増えればおのずとヘアースタイルにも個性が反映されていく。

 

さまざなスタイルが流行り、スタイルの幅が広がれば美容師に求められるスキルも上がる。

美容師もそれに応えるためスキルを磨くので韓国の美容技術もどんどん上がっていく。

 

韓国の団結する力はすごいからこそ、ここに個も加われば最強の布陣になる気がする。

そのときが楽しみだ。