001 縫い目

ギャラリー・カラバコ

ある時ポストにこの部屋の地図と鍵が入っていた。
メッセージはなし。
ただ、「ギャラリー・カラバコ」 と。
宛名間違いだろうか? と封筒をじっと見てみたけれど、そこには確かにわたしの名前がある。
差出人の名前はなし。

ただのいたずらかもしれないけれど面白そう。
絵を見るのは嫌いじゃないし。
そう思って地図を辿ってみた。

とあるアパートの一角にそのギャラリーはあった。
鍵を開けると、ギャラリーらしい真っ白な壁に、額縁だけが無造作に並んでいる。
額縁を裏返すと、かすかに刻印された文字が読み取れる。
……写…館……写真館。
かすかに海の香りを鼻が捉えたような気がして振り向くと、
あ、額縁だけじゃなかった。
と気づく。

タイトルには 「縫い目」 とあった。


「縫い目」

nuime_2nuime_3

絵: 古林希望

縫い目2_2

文: カマウチヒデキ

ーーーー

共通のタイトルだけを手がかりに2人の作家が絵と小説を別々に制作し、掛け合わせていく企画「ギャラリー・カラバコ」。
ギャラリーの扉が半年ぶりに開きました。
鍵は無事に引き継がれたようです。

Exposition Past              :Exposition Upcoming
01 桟橋                  :Getting Ready….
02 物差し
03 帯
04 時化
05 吃り
06 影絵
07 隠者
08 ウミネコ
09 うぶすな
10 蟹
「ギャラリー・カラバコ」あとがき対談 2017