お直しカフェ (5) 逃げられない

お直しカフェ

10月は関西にいた。私もだが、祖母があまり元気でないので、祖父母宅に入り浸って編み物でもしようかなと企んでの帰省だったが、急遽祖母は長期入院となり、編み物セット一式とおやつ、水筒にいれたお茶を持参して病院へお見舞いに通う日々となった。

10月17日
今日は祖母宅に寄って、棒針を探し出してから病院へ。足が不自由になってから、これまで祖母の城だった二階の部屋はどこも結構散らかってしまっていて、探すのに難航。棒針の容れ物3つ、なぜかゴミ袋の中に隠れてた。病室に着いてまもなく、祖母は腕のCTを撮りに行った。動かないなと思ってレントゲン撮ったら脱臼してたらしい。え。ひとりになって、毛糸の帽子を編みはじめる。棒編みが数年かもしかしたら10年以上ぶりだったので、作り目に苦戦。この後恐らく治療で髪の毛が抜けてしまう祖母用の帽子のつもり。
そうこうしているうちに祖母が部屋に戻る。今日は片腕だけCTを撮ったそう。6人ぐらい座ってたのにすっと入れて申し訳なかったなあ、らしい。さて、帽子、ピンクの色はあまり気に入らないとのこと。「白髪が増えたみたいやん」と。作り目の段階でこんなに大変なら、やっぱりもうちょっと気に入りそうな色のにしたいなと中断。もう一つ持ってきていたかぎ編みのブランケットの仕上げに着手。中途半端なところで糸が足りなくなり、うーん、どうしたものか。もう一度祖母宅で探そうと思う。糸始末をしてると、とじ針じゃなくて小さめのかぎ針で引き抜くだけでいいのよと教えてもらう。糸の端切っちゃダメ、とも。

10月18日
日曜から編んでいたブランケットの仕上げをする。これぐらいの大きさでええよね、と念のためひと言聞いてから最後の糸始末をする。おやつに、甘栗を食べる。手も不自由なので、取れない取れないと言いながら、お箸やハサミを使って少しずつ食べていた。食べるのに手間のかかるおやつは、なんだかちょっといい。次はニット峰。棒編みに苦戦していると、基礎ができてないと詰られる。編めないわ、詰られるわ、で若干しょんぼりしながら病室を後にする。

写真 2018-10-17 16 15 11

例えば洋服や住む街、仕事、付き合う人たちは、流行やときめき、ライフステージに合わせて、変えてゆくことができる。それが身軽な、新しい、生き方かもしれない。でも家族は。家族からは逃げられない。逃げる人もいるが。代わりのきかない家族を引き受ける、いい塩梅で付き合う、大事にする、何かを受け継いでいくことをぼんやり考えながら、家族に合わせたサイクルで生活をし、英気を養った半月の滞在だった。わたしの手芸や園芸の趣味は全て祖母ゆずりだ。

***
〈今後のお直しカフェ/繕いワークショップの予定〉

千住てのモノ市
– 12/9(土) 11:00〜12:30 / 13:30〜15:00
場所(予定): 千住仲町の家(足立区千住仲町29-1)

詳細や申込みはお直しカフェHPにて。
持ち物 : 穴の空いてしまった靴下やカーディガン、セーターなど。刺繍針・糸・当て布など(あれば)