入居者名・記事名・タグで
検索できます。

お直しカフェ (15)

お直しカフェ

私の働くカフェも休業している。これは最後に店番をしたとき、知らない間にカウンターの傍から撮ってもらっていた写真。あの日は春からの新しいスタッフの面接もたくさんあって、忙しかったけど楽しかったなあ。全部、ひと昔前のできごとみたいだ。

気を取り直して。

お店のエプロンをお直しするために持ち帰ってきた話。使い続けているうちにコーヒー滲みなどが目立つようになったからだ。「新しく黒いエプロンを買おうか」と言うオーナーに、それだったら、少しの予算と手間をかけて私にお直しさせてくださいと願い出た。幸か不幸か時間はたっぷりできた。

開業時に、スタッフのお母様が手作りで準備してくださったエプロン。どうしようか迷って、最初は手芸店にある染料や布用のスタンプを入手してみたけれど、手が止まっていた。それがあるとき、家の修繕に使うのに柿渋を手に入れて、「あれ、これでエプロンも染められるじゃん」と、一気に染め直した。

柿渋屋さんのアドバイス通り、刷毛で色付け。染色と言えば、染め液にざぶんと布をつけるのが一般的だと思うけど、「もったいないから塗ったらええよ」と。ふむふむ。染めたいのは白い布のところだけだったので、このやり方は、その点でも好都合だった。絶妙に、コーヒーみたいな色。シミを隠すだけでなく、これから着くだろう汚れもきっと目立ちにくくしてくれるはず。柿渋が繊維をコーティングしてくれ、布がいっそう丈夫になる効果も期待したい。

===

近所のアパートメントのオーナーの方がいつも軒先をとても綺麗にしていて、毎週のように、ちょっと覗きに出かけている。家から徒歩10秒ぐらい。おそらく自宅かどこか別の場所で育てているものを持って来て入れ替えているのだろう、季節ごとに、花満開のプランターが並ぶ。私たちだけでなく、近所一帯の人たちがこの花壇を楽しみにしていて、毎週のように連れ立って眺めて、「ごっついの咲いてるわ、見てみ」と「ようしはるわ」とか「立派やな」とかとか、会話にひと花咲かせている。とか言ってみたりして。

はしもと さゆり

はしもと さゆり

お直しデザイナー。企画と広報、ときどきカフェ店員。落ちているものとお直し、マッサージとマイケルジャクソンが好き。

Reviewed by
鈴木 悠平

白地のエプロンの汚れが目立ってきた。
よし、買い換えよう、そして今度は目立たない黒地にしよう。

それもまあきっと正しい、合理的な選択なのだろうけど、
「どうしたもんかね」とあれやこれや試行錯誤してみれば、
あいだの色との嬉しい出合いが待っていた。

柿渋染は、コーヒー屋さんにぴったりじゃないのさ。にひひ。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る