川島なお美の血がワインなら、私の血はバンド活動でできている。

第2期(2012年4月-5月)

小学生の頃の話だけど。

宿題で詩を書いて提出しなくちゃいけなくて、何にも思いつかなくて、
家にあった文章かなんかを適当にパクって書いたら、よくできましたで賞みたいのをとってしまって表彰された事がある。

あの時のやっちまった感は忘れない。

現在、そんな卑怯者の私はせっせと歌詞なんぞ書いております笑 
書きたくて書いています。結構一生懸命やってます。
もちろんパクりなしです。すごいじゃん!

こうやってアパートメントに呼んでもらえたのすごい嬉しかったです。
だから、絶対しゃれおつな文章書くぞと思って頭をひねったけど、それは駄目そう。

結局2ヶ月間チーナの事で思ったことや、あったことを書くでしょう。
もうしょうがないです。そのことで頭がいっぱいなんです。はー

私という人間は音楽とバンドに依存して生きているんだ。

でも、なんていうか、個人的な気持ちで書きたいと思っています。せっかくなんで。

2ヶ月間よろしくお願いします。

椎名杏子