1020号室

第29期(2016年10月-11月)

FullSizeRender 4

ひとはいつもすれちがう。

瞬きの間に、すれちがう。

ことばは待ち合わせ場所だ。

絶対の目的地なんかじゃない。

重なり合うことなんてない。

イコールで結び会うことなんてない。

それでもどこかで会いたいと

かすかなことばをならべたりする。

そのことばをまた、ことばでつないでいく。

あなたに、あなたに、つないでいく。

すこしでも、ちかづけるように。

いちばんちかくへ、いけるように。

そうして、あ、。

瞬きの間に

ひとはいつしかすれちがう。

それでも、あ、。

瞬きの間を

すれあえるだけ、うまれるひかり。

IMG_6761

今週は、いつかの10月20日に、ことばを継いでみました。

「ことば」というかたちあるもの

たしかそうなものに失望していた時代があって

多分それは、過信していたからなんだと、いまはおもいます。

「すれちがい」は別れのことばのようだけど

たしかにそれは出会っているよね、って

失望の中、気づいた瞬間

からだのなかに火花が散ったみたいな気持ちになりました。

だからいまは

あのときの失望の瞬間にだってひかりをみています。