the power sink(6)

the power sink

cover

こんばんは!今回も無意味な絵を載せる。

自分はすごく無意味な絵を描いているつもりになっているんだけど、ただ集中力がここ数年欠けているだけなんだね。

見ていただけると嬉しいです。それではよろしくお願いします!

虹

さて、普段から僕はもう、無意味な事に従事しすぎて、やれる事といったらほおずえをつくだけ、思いつくのは気味悪い形の花のようなものだけになったんさ。おかしいね。やっぱおかしくないか

さて、普段から僕はもう、無意味な事に従事しすぎて、やれる事といったらほおずえをつくだけ、思いつくのは気味悪い形の花のようなものだけになったんさ。おかしいね。やっぱおかしくないか

花屋やる

花屋やる

心臓のような木

心臓のような木

ワインオープナー

ワインオープナー

薄暗いキャンドルの様な人。夜中に歩いている

薄暗いキャンドルの様な人。夜中に歩いている

散らかった木と雑巾を自分は見ている

散らかった木と雑巾を自分は見ている

花がきらめいて、髪の薄いやさしい神様につつまれて、毎日野球ボールをぶつけられているんだ

花がきらめいて、髪の薄いやさしい神様につつまれて、毎日野球ボールをぶつけられているんだ

君はダニに似た男と付き合っているが、僕も君も同じくダニなんだよ

君はダニに似た男と付き合っているが、僕も君も同じくダニなんだよ

 

見ていただいて、ありがとうございました!次回もまた第二水曜日に更新します。

よろしくお願いします。