入居者名・記事名・タグで
検索できます。

2F/当番ノート

おコメッセージ

当番ノート 第52期

とうとう最後の当番ノートとなってしまいました。
毎週何を書こうかな、と考えながら、自作を振り返ることができ、とても貴重な体験をさせて頂いた2ヶ月間でした。

最後は何を書こうかなーと思ったのですが、お米にまつわる作品の中で一番笑いの取れる作品「おコメッセージ」について書こうと思います。笑っておし米(おしまい)とさせて頂きたいと思います!

おコメッセージ

お米にまつわる言葉遊び(主にダジャレです)をさも名言のように毛筆で記すおコメッセージ、例えばこんな具合です。

炊けましておめでとうございます
お正月はこのご挨拶が定番です。

スイッチ入れなきゃ炊けない
キッチンにぜひ。

天は二粒を与えず
格言めいたものはお手洗いに貼ってある印象があるので、最も考え込んでしまう「天は二粒を与えず」はお手洗いにおすすめします。

一穂踏米(一歩踏み込め)
玄関もしくは男性用お手洗いに。玄関には「植えるかむ」もおすすめです。

来世は米(ライス)
東北なまりで読んでもらえたら「らいすはらいす」になるかな、と信じてます。

一握の米
ちょっと悲しくなります。

Rice is Beautiful
米は美しい。ランドリーにおすすめです。

これらは、よく、お手洗いやお店の壁に格言が貼ってあったりする、あれのような使い方をして欲しい、日常生活に取り入れて欲しいと思って制作しました。


今年のお正月にみんなで遊ぶために、おコメッセージのカルタも作りました。
凄まじいクオリティの低さですが、、、。裏はお米もじバージョンです。
来年はおコメッセージ暦も作りたいです。


そんなわけで、2ヶ月間拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました。
アパートメントに入居できて本当によかったなーと思うことばかりです。

始まってみると、レビュワーのはしもとさんの添えてくださる文章が毎週の楽しみとなりました。文章を介して交流しているような気持ちで、とても嬉しかったです。

また機会がありましたら何卒、宜しくお願い致します!
それでは、Have a Rice Day!


今後の予定

「黄金町バザール2020-アーティストとコミュニティ 第一部」に参加しています。詳しくはこちらをご覧ください。

参加作品である「碗琴道」パフォーマンスのライブ配信についてはこちらをご覧ください。毎日Instagramで配信中。(アカウントkazusa_abe)

2021年1月9日〜横浜市民ギャラリーあざみ野「ショーケースギャラリー」にて展示があります。詳細はこちら



安部 寿紗

安部 寿紗

お米にまつわる作品を制作しています。​
2019年5月より黄金町アーティストインレジデンスにて活動しています。
2020年7月1日〜10月11日まで、お茶碗を並べるパフォーマンス作品「碗琴道」を毎日Instagramでライブ配信しています。三度の飯くらいクリープハイプが大好きです。

Reviewed by
はしもと さゆり

とうとう最後のレビューとなってしまいました。

長かったような、短かったような2ヶ月。だいたい木曜日の夜か金曜日に書けました!のご連絡を受け、一読。どんなこと書こうかなと週末ぼんやり考えながら、月曜日の日中、1歳ちょっとの息子がお昼寝するワンチャンスを狙ってレビューを書き上げていた。外的な区切りがなければ、このままいくらでも続きそうな。安部さんの話も創作も、いくらでもバリエーションがありそうで、私のラリーもいくらでも打ち返せそう。共通点や共感、余談などが次々生まれたのが、自分でも想定外のできごとだった。

今回、満を持して紹介された作品「おコメッセージ」を見て思ったのは、安部さんは本当にお米にまつわることが自分の一部なんだな〜と、いうことだ。肩の力はスッと抜け、堂々としている。まさに「命短し恋せよお米」といったところか。

モニターの向こうでお会いしたら、恥ずかしくて上手く話せないような気もする。だけどもまた、どこかで応酬ができたらなとも願っている。Have a Rice Day! 感謝を米て。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る