入居者名・記事名・タグで
検索できます。

今あるタグ

お直しカフェ (10)

お直しカフェ

今も覚えている、幼い頃の一番最初の記憶は何だろうか。3つ下の弟がまだいない頃だから2歳とちょっとか、マンションの4階に住んでいて、夜になるといつも寝室とリビングの境の壁に母と一緒にもたれて本を読んでもらっていた。ある夜その壁の近くで、何だったか、私はとても叱られていて、でも一連のやりとりの最後に、「だけど、物を大事にするのはいいことだから、そこは偉かったよ」というようなことを言われた。何だったか、幼い私は泣いて興奮していて、「物を大事にするのはいいこと」ということを大事にしようと強く思って、何度も何度もそれを思い出した。暗記法の鉄則通り、何度も何度も思い出しているうちに、そのシーンは、幼い頃の最初の記憶の一部として私の脳内に定着した、ように思う。

***

徳島県の山あいの小さな町、上勝町を訪れた。日本で一番ゴミの分別を細分化しているという町を一度この目で見ておきたかった。

5A526829-EBB9-4185-A33D-8E02D787ECE0

ゴミが分別で素材に。金属や紙の原料として。
ここでのゴミの分別は13種類、45分別。例えば、瓶だけでも「透明びん」「茶色びん」「その他の色びん」と3分別ある。プラスチック製のキャップは処分に1kgあたり0.49円かかるけど、金属製のキャップならアルミ原料として買い取られ120円の収入になる。

0C7E43D5-3EF9-4B77-8E2F-D0CA363C03F0

A811DB7B-B5A4-44DC-96D1-0D8CD6DE6B28

6BBE8A51-3236-47AE-AE9D-D2E724E4EFD0
ゴミの集積場だということを忘れそうになるぐらい、綺麗に保たれたコンテナが並び、手書き、イラスト入りのPOPでやさしく導かれる。町の人が、センターの人が、手をかけて時間をかけて、ここを活用してきただろう痕跡があちこちに見てとれて、ほれぼれしてしまう空間だった。ゴミの集積場だということを忘れそうになるのは、腐ったようなにおいがないからというのもあった。生ゴミの収集はない。コンポストなどを活用して、すべて家庭内で処理してねの仕組み。すごい。

CBEE071C-BDD5-4314-8E81-E7353BCEE554

うちではいらなくなったけどまだ使えるもの
昔シェアハウスに住んでいたとき、日本を代表する某アパレルブランドに勤めていた同居人が、いらなくなったらしい服を生ゴミも捨ててあるキッチンのゴミ箱にどさっと捨てていて、本当にショックだったことがある。いらなくなったけどまだまだ使える服に対して、そういう感覚で接する人の作るモノ、勧めるモノを誰が買うものか。若いとか、疲れていたとかで済まされない。心底がっかりした。(つづく)

FF24D3C6-3026-4120-A906-02DEE94ACE37

90653946-6A6E-430D-B684-E23B323F60A1

D8DB4546-E020-4E56-BE01-326503CBA9DB

27E92E0E-BC9F-4C32-80B5-4A182B347EBD

6EE75776-D673-438F-90BE-FF9D9CD37FF0

2DAF36A8-E4C4-41FB-AEF1-4DADF091D7C2

31BFBD83-5E81-4FEB-83AE-503241A05E6A

はしもと さゆり

はしもと さゆり

お直しデザイナー。企画と広報、ときどきカフェ店員。落ちているものとお直し、マッサージとマイケルジャクソンが好き。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る