2011年8月のミステリー

いとでんわ 第2期(2011年12月-2012年1月)

北欧のおんなのこtinaちゃんのお部屋。

北欧ログハウスの一室を
そういうイメージで雑貨部屋に仕立てる。

tinaちゃんはもちろん「お洒落な北欧少女」なのである。

だけど、お部屋の片隅をよ~く見ると
イスラームの王様のお人形や日本の昭和モノなんかが
こっそり置いてあったりする。
・・つまり、tinaちゃん、雑貨おたくなのだ(笑

ここにやってくるいろんなひとたちと
モノをめぐって展開する話がおもしろい。

たとえばジャパンのレトロメンコペーパーを手にした
平成2ケタ生まれの男児いわく

「これ3Dみたい!」

・・昔ならではの印刷のズレ・・
なるほど目鱗なIt’s温故知新だ!?

そんな雑貨部屋にひそかにしのばせてある
1982年謎の野球レトロ缶バッジ。

たぶん80年代に大阪で入手したものだ。

コレを無限にあるかと思えるモノたちの中から
今夏偶然発掘してたまげた。

当時流行ってたウマヘタ調の文字で描いてあるのは
リアル今年=2011年8月のカレンダーではないか!

ほとんど読めない米粒字を解読したら

HELP!NETWORK

with a little HELP from myfrend

HEALTHY HOKKAIDO

RBco SAPPORO JAPAN 1982

クラシカルな2人の野球選手は
巨人軍 平山菊二選手 山川喜作選手

この機会に検索してみたらなんだか知らない時代についての
記述が面白かったので貼っておこうっと。

http://www.sportsclick.jp/baseball/column02/index020.html
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20110117/bbl1101171604006-n1.htm

・・だけど、顔立ちに外人的な華やぎのある平山選手より
地味な印象の山川選手のくわしいプロフィール、
そして、この何を示唆しているのか
意味深な缶バッジの出自はわからない。

1980年代バブルへの坂を上ってゆく時代から
時を超えてとどいた
今年への小さなメッセージ。

この古びた小さな謎を解き明かせないまま、
新しい時代、次の誰か、に
手渡す日をそっと待っている。