入居者名・記事名・タグで
検索できます。

Native Language part9

Native Language

北 学

北 学

サキソフォニスト、作曲家

大阪生まれ。幼少期をシンガポールで過ごし、帰国後15歳までチェロを学ぶ。96年彫刻を学ぶため渡仏。97年、サックスと出会い独学で習得。以後、ジャズを初め、即興やダンス・映像等様々なプロジェクトに参加。主なものに、ダンス作品「夜弓」やスズキケンタロー氏との「Otoms」、永井朋生氏との「Kynas」、Toninho do carmo氏とのブラジル音楽等々。また、Pierre&Mattieu Carniaux兄弟監督の「Last room」等、映像作品にも精力的に参加。物作りで培った視覚的・触覚的質感を元に、音で絵を描くことに重きを置いている。

Reviewed by
朝弘 佳央理

ゆっくり、ゆっくりといつのまにか射してきた光に風景が足されてゆく。
音の行為のその手触りによって自分のからだのそこここに重みが生まれ、放たれ、風を見る。
音楽を聴くことが小さな旅なのだということを、北さんの作る楽曲からいつも確認します。

この9月に北さんが来日公演をしています。
実はわたくし朝弘も公演で踊ります。
パリから一時帰国している私たちが東京/静岡で演じる作品の音の一部、ぜひお聞きください。
公演詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/311042695910526/

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る